本文へスキップ

岡山市、倉敷市の土地・賃貸に関することなら有限会社オバタ建設不動産・ピタットハウス岡山店へ。

TEL. 086-207-2888

〒700-0911 岡山県岡山市北区大供本町474-1

土地選びのポイント

なぜ南道路が良いと言われるの?

 土地を探すときにあげられる条件の一つに、南道路といわれるものがあります。何となく言葉は知っているけど、実際何が良いのかわからない、という方もいらっしゃいますし、逆に絶対南道路じゃないとダメ、という方もいらっしゃいます。今回は、「道路付き」についてご紹介していきます。

土地選びのポイント

道路付きの分類

 道路付きは、一般的に「南道路」・「北道路」・「東道路」・「西道路」と道路がある方角によって分類されます。また、敷地に面した道路の数によって「一方道路」・「二方道路」・「三方道路」…という具合に呼びます。いわゆる角地などは二方道路、あるいは三方道路にあたります。この道路付きによって、同じ分譲地内でも価格が変わります。
普通は、「北道路」<「西道路・東道路」<「南道路」の順番で坪単価が高くなります。

南道路のメリット

 なぜ、道路の方角によって土地の価値が変わるのでしょうか。これは、道路付きによって日当たりが変わるからです。道路に面した方向は、建物が隣接していないので日光がよく入ります。つまり、南道路の土地は南から日がよく差し明るく、逆に北道路の土地は南に敷地があるので、南道路よりも日が入りにくくなります。

南道路のメリット

道路付きによる特徴を知る

 ただし、だからといって南道路が北道路より必ず優れているという訳ではありません。例えば、建築する住まいの間取りを考えてみましょう。
 一般的に、リビングやダイニング等は日当たりを考えて建物の南側に配置する場合が多くなります。ここで、敷地が南道路の場合はリビングやダイニングが面した方向に道路があることになるので、通行人の目線からプライバシーを守る必要が出てきます。
 結果的に、昼間でもカーテンを閉めていなければならなかったり、視線を遮るための生け垣を作ることになったり、さまざまなデメリットを生む可能性があります。一方、北道路の敷地はプライバシー性が高いといえます。

 道路付きだけで土地を選ぶのではなく、土地のメリット・デメリットを正確に把握した上で自分に合った土地を探すことが、失敗のない土地選びの近道です。
 その土地でどういった生活がしたいか、自分はどんなライフスタイルなのか。箇条書きにして不動産屋に相談してみると、思わぬ好条件の物件に出会えるかもしれません。

バナースペース

駐車場情報売却
スタッフブログ

有限会社オバタ建設不動産 本店

〒713-8103
岡山県倉敷市玉島乙島4991番地

TEL 086-526-5951
FAX 086-526-5961

有限会社オバタ建設不動産 岡山店

〒700-0911
岡山県岡山市北区大供本町474-1

TEL 086-207-2888
FAX 086-207-2777